腰痛

腰痛

腰痛の原因、腰痛体操、ストレッチについて調べました。

腰痛の原因

腰痛の原因は実はいろいろあります。内臓の病気、背骨の異常、筋肉や筋膜の損傷などが
よくある原因です。それぞれ症状の出方や痛む部位や体位が違うので、症状をよく観察することで
原因を突き止めることができるものもあります。
一方、腰痛の80%以上の原因がわかっていないというデータもあります。自分で判断しないで、
医師の診察を受けて原因を出来る限り調べることが大切です。

内臓の病気があると、その臓器が腫れることで背骨を圧迫することがあります。
胃潰瘍、慢性胃炎、十二指腸潰瘍、胆嚢炎、胆石、胆道結石、尿路結石、子宮や卵巣の病気、
腹部大動脈瘤、帯状疱疹による神経痛などが腰痛を起こすことで知られています。
じっとしていても体位を変えても激しく痛み続ける場合が多いので、そのような場合は内臓の病気も
疑うべきでしょう。

背骨の異常の代表的なものが、椎間板ヘルニアです。椎間板はひとつひとつの背骨の間にある
クッションの働きをするものですが、それが飛び出て神経を圧迫している状態です。
ですから、内臓の病気や筋肉の損傷とは関係がありません。椎間板ヘルニアはレントゲン画像で
見つけることができるので、原因がわかりやすく、治療方針も立てやすいのです。
背骨の中の神経の通り道が狭くなる脊柱管狭窄症も骨の異常としてレントゲンに写ります。
背骨の異常の場合は、体位によって痛みが強くなったり弱くなったりしますが、
常に痛みが継続するケースが多いようです。

症例は多いのですが、原因がわかりにくいのが、筋肉や筋膜の損傷による腰痛です。
重い物を持ち上げようとした瞬間になったのであれば、おそらく筋肉かそれを包む筋膜のどちらか
が損傷している可能性が高いです。スポーツの練習やアクシデント、中腰姿勢を続けたり、
悪い姿勢がクセになっていて筋肉に負担をかけた場合もあります。筋肉や筋膜であれば、
姿勢や体位を変えると楽になったり痛みが全く無くなったりすることが多いです。
また、背骨の場合と違って、骨の位置と離れた例えば脇腹など、いろいろな部位で発症するのも
筋肉系の可能性が高いでしょう。

腰痛体操

内臓の病気や背骨の異常が原因の場合は、
体操をしても腰痛は治りません。
痛いのに無理して体操をするのは
苦痛なだけです。
体操が有効なのは、
筋肉や筋膜が原因の場合など
限られた症状の場合です。
まずは、医師の診断を受けて、
内臓や背骨に異常がないことを確認し、
痛む部位や体位を変えた時の痛みの増減を
医師とともに確認してください。

そして、医師の勧めがある場合のみ、医師や理学療法士などの指導のもとに可能な運動に限って
体操を行うようにしてください。


基本的に痛くなければ、動かせる範囲で体を動かして良いのですが、患者の年齢、性別、受傷の状況、
部位などによっても異なります。素人がむやみに体操をすると、悪化させることもありますので、
十分に注意が必要です。

腰痛 ストレッチ

ストレッチも体操と同様に、筋肉や筋膜に働きかけるものです。内臓の病気や背骨の異常が原因の
場合は、ストレッチをしても効果がありません。腰痛体操と同様に、医師の診断を受けて、内臓の病気や
背骨の異常でないことを確かめた後、医師の判断でストレッチの種目ややり方を決めるべきです。
必ず医師や理学療法士などの指導のもとに行ってください。

腰痛 トップへ戻る