薄毛

薄毛

薄毛の原因、予防、対策についてまとめました。

薄毛 原因

薄毛の原因は、男性ホルモン(テストステロン)、頭皮の問題、皮脂の分泌過多、ストレス、睡眠不足、
栄養不足、放射線、薬の副作用などいろいろあると考えられています。また、複数の要因が複合的に
原因となっている可能性もあります。

原因としてもっとも大きなものは、男性ホルモンです。本来、男性ホルモンは体毛を生やす働きを
するのですが、毛母細胞のエネルギーを作るのを妨害する原因にもなります。

これは複雑なメカニズムで、頭髪の中でも頭頂部や額では毛母細胞に対する妨害が起こりやすく、
それ以外の部分では体毛を増やす効果の方が出ます。頭は薄毛なのに側頭部や後頭部そしてひげや
体毛が濃い人がいますが、この人は男性ホルモンの分泌が多いため頭頂部と額は髪が薄くなり、
それ以外は毛が濃いわけです。

よく薄毛は遺伝すると言われますが、実は遺伝するのは男性ホルモンの分泌の仕方や頭皮の状態や
皮脂の分泌など「環境」が似るだけで、必ずしも薄毛という「結果」が遺伝するわけではありません。
進行する前なら、予防することも可能です。少し気が楽になりましたか?以下の項で予防と対策方法も
ご紹介します。

薄毛予防

男性だけが対象になりますが、究極の薄毛予防法は、
思春期前に睾丸を取ることだそうです。
睾丸を取ると、男性ホルモンが少なくなって、
決して薄毛にならないそうです。
笑い話ではありません。
どうやって実験したのかわかりませんが、
アメリカには薄毛が進行している時に
睾丸を取ると進行がストップするという
実験データがあるそうです。
でも、これは無茶な方法ですよね。

ホルモンの分泌は現在も正確に制御できないので、男性ホルモン以外の要因で予防することになります。
毛母細胞が加齢によって衰えると、発毛する力が弱くなり、毛は細くなり、生えてこない休止期が長く
なります。ですから、毛母細胞を元気に活性化することが薄毛予防につながります。

まずは、栄養面です。良質のたんぱく質、ビタミン、ミネラルをバランス良くたっぷり摂りましょう。
次に、摂った栄養を頭皮に行き渡らせることです。そのためには、適度な頭皮マッサージと血行を
促進する育毛剤などが有効です。さらに、毛細血管の血流を妨げるストレスを解消することです。
適度な睡眠と気晴らしになる趣味などを持ちましょう。

薄毛 対策

薄毛が進行している場合は、進行を遅らせる対策を取ります。上記の予防策のように栄養と血行を
改善した上で、育毛剤や発毛剤を使ったり、医師の治療を受けてください。

原因のところでも書きましたが、原因はいろいろな物が考えられます。原因がわかっていて除去
できるなら、当然それが一番良い対策です。ですから、医師の治療を受けて原因を探るのが
最良の手段です。

それができないのであれば、原因がわからないまま自分で育毛剤・発毛剤を試すことになります。
300種類以上あると言われる育毛剤の中から、自分に合いそうなものを自分で選び出し、
実際に買って使わなければなりません。

基本的に1日2回の使用で、半年は続けないと効果があるかないかはわかりません。
我慢強く同じ育毛剤を使い続けて、効果があればさらに続け、効果が無ければ育毛剤を替えることに
なります。やはり、医師の診断を受ける方が、時間的にも費用的にもメリットが大きいと思います。


自毛植毛の常識を変えるアスク井上クリニック

薄毛 トップへ戻る