白髪

白髪

白髪の予防、白髪染め、白髪かくしなどの情報です。

白髪 原因

黒い毛は、毛の根元の毛母細胞にあるメラノサイトで作られたメラニン色素で黒い色が付けられています。
メラノサイトの働きが弱くなり、メラニン色素を含まない毛が生えてきたのが白髪です。
メラノサイトは40歳前後をピークに働きが弱くなります。加齢以外にも恐怖、苦労、悲しみなどの心理的な
ストレスが関係しているとされています。

なお、生えた時に黒かった毛が途中から白くなることはありません。白髪は最初から白い毛として
生えてくるのです。毛は1ヶ月で約1cm伸びますので、新しい白髪が増えて来たと思ったらその長さを計り、
2センチならば2ヶ月ほど前の生活を振り返ってみましょう。何か原因がわかるかもしれません。
仕事などの疲れ、食生活の乱れ、睡眠不足、内臓の病気などはなかったかをチェックしてみてください。

白髪予防

内臓の病気で白髪と関係があると言われているのは、
心臓、肝臓、脾臓の不調だそうです。
今以上に増やさないように予防するには、
疲れやストレスを減らし、食生活と睡眠時間を見直し、
病気があれば治療を行うことです。
心臓や肝臓に負担をかけるお酒やタバコも減らした方が
良いです。


なお、遺伝的な要因は今のところ予防できませんが、
上記のように生活習慣を改善すれば、増える時期を遅らせる可能性はあります。

積極的な予防策としては、メラノサイトの働きを助けるチロシナーゼという酵素を活性化することです。
そのためには、チロシナーゼの合成に必要な銅を含む食品、メラニン色素の原料となるチロシンを含む
食品、メラノサイトを活性化するヨードを含む食品を摂ることです。


上記の食品をバランス良く食べることが難しい人は、白髪予防の栄養素をバランス良く含んだ
サプリメントも販売されていますので、試してみることをおすすめします。

白髪染め

白髪は染めることができます。しかも、黒い髪より白い髪の方がきれいに染まるのです。
ですから、気になる人は頭皮や髪に問題のない白髪染めを選んで染めましょう。

購入してからわかるのですが、必ず毎回パッチテストを行うように取扱説明書に
書いてあります。人によって薬剤に対する反応が違うためですが、
同じ人でも体調によって皮膚に異常が現れる場合があります。
ですから、自分に合う製品を見つけられるまでは、多少出費を覚悟した方がいいです。
無料サンプルやお試しサンプルを使って試してみるのもおすすめです。

大きく分けて3つのタイプがあります。
2剤式は一般的に染髪力は強いのですが、臭いや髪のダメージも強いので十分な注意が必要です。
ヘナ・天然素材のみのものはダメージが一番少ないのですが、染まりにくい人もいます。
トリートメントタイプは、この中間で髪へのダメージは少なく、染髪力は十分あります。
お風呂で短時間に染められるものが手軽で人気です。

TV通販で大ヒット中!泡の白髪染めヘアボーテ

白髪 トップへ戻る