シミ

シミ

シミの原因メラニン色素と対策、シミを消す方法や化粧品などについての情報です。

シミ 対策

シミは、皮膚の中のメラニン色素が部分的に多くなった部分です。色素が多いので、周囲の場所より
黒っぽく見えるわけです。

では、なぜメラニン色素がその部分で多くなったのでしょうか?
ひとつは、加齢などによって新陳代謝が低下してメラニンが排出されにくくなったことが理由です。
もうひとつは、紫外線を多く浴びたことなどで色素が多く作られたためです。

また、ホルモンの異常や局所的な皮膚のストレスがあると、その部分が紫外線に敏感になり、
より多くメラニンを作ってしまうこともあります。

加齢に対してはあまり対策ができないのですが、メラニン対策としては皮膚の新陳代謝を上げて、
紫外線を浴びる量を少なくすることが有効であることは明確になっています。

シミ 化粧品

シミ対策の化粧品としては、
予防する化粧品(薬、サプリメント)、
消す化粧品(薬)、
隠す化粧品があります。

予防するための化粧品は、
日焼け止めの成分やビタミンC誘導体、
アルブチン、コウジ酸、エラグ酸、
ルシノール、リノール酸、カモミラET、
トラネキサム酸などを含むものです。

出来たメラニン色素を消す化粧品に含まれるのは、
前記の成分と同じです。
治療薬としてはハイドロキノンというメラニン形成を阻害する成分や、レチノイン酸というメラニンを
減少させ代謝を高める成分が処方されます。

隠すための化粧品は、コンシーラーが代表的です。名前からしてズバリ「隠す物」です。
自分の肌の色より少し暗い色を使うと、うまく隠すことができます。

シミ 消す

シミは皮膚の中にメラニン色素が留まっている状態です。ですから、その色素を排出できれば、
消すことができます。

美白化粧品は、メラニン色素の予防効果がありますが、できてしまった色素にはあまり効果がありません。

処方薬に含まれる成分は、より効果的に色素の形成を阻害し、皮膚のターンオーバーを促進して、
排出を促します。

また、ピーリングで肌の表面をはがすと、新陳代謝が活発になりターンオーバーも促進され、
その結果メラニン色素の排出も進みます。

シミ レーザー

レーザー光を照射すると、熱が生じて皮膚の中のメラニン色素が壊されて排出されます。

レーザーを使うと、照射部分が薄いかさぶたのようになり、1週間程度その状態が続きます。
これが自然にはがれ落ちると、新しい肌にターンオーバーが進み、皮膚の色も薄くなります。
同時に内服薬でハイドロキノンやレチノイン酸を摂ると、ターンオーバーを促進しながら
新しい色素ができるのを予防してくれますので効果的です。

なお、レーザーではなくパルス光など特殊な光でもメラニン色素の分解ができますが、
症状によっては適用できる波長がないこともあるので、医師に診てもらいましょう。

ホワイト二ングリフトケアジェル

シミ トップへ戻る