ニキビ

ニキビ

ニキビのできる場所と原因、跡の残らない治し方、薬、化粧水などについて調べました。

ニキビ 原因

ニキビのできやすい場所は、顔、頭皮、首、胸元、背中、上腕、おしりです。
できる場所とできる原因には関係があります。場所によって原因と対処法が見つけやすいのです。
原因に心当たりがあれば、まずそれを解消するようにしてみてください。
原因を解消しないと、治療してもまたぶり返すことになりかねません。

 出来る場所      その主な原因

 頭皮と生え際     皮脂、ホルモンの乱れ、汗や汚れ、雑菌、ヘアケア用品、
 顔 おでこ       皮脂、外的な刺激(髪が触れるなど)、ヘアケア用品、
 顔 眉毛周辺     皮脂、ストレス、疲労、ホルモンの乱れ、
 顔 鼻周辺      皮脂、毛穴に詰まった汚れや雑菌や化粧品、
 顔 頬         スキンケアの間違い、ホルモンの乱れ、睡眠不足、便秘、
 顔 口周辺      疲労、ストレス、体調不良、胃腸の不調、便秘
 顔 顎周辺      ストレス、睡眠不足、ホルモンの乱れ、食生活の乱れ、
 首、胸元       汗(蒸れ)、乾燥、冷えや下着の締め付けによる血行不良、
 上腕          乾燥、蒸れ、紫外線、ストレス、
 背中          皮脂、汗、蒸れ、偽にきび(マラセチア毛包炎)、
 おしり         座ることによる蒸れ、冷えや下着の締め付けによる血行不良

ニキビ 薬

ニキビは原因がわかっているので、
症状を診断できれば適切な薬を使って 
効果的な治療ができます。
外観や症状が似た病気も多いですし、
原因も症状も人それぞれですから、
薬を使う場合はなるべく皮膚科で診察を受け、
処方してもらった薬を使うようにしましょう。

主に使われる薬は炎症を押さえる薬、
抗菌剤、ホルモン調整薬などです。
希望すれば漢方薬も処方してもらえるようです。

ニキビ 化粧水

化粧水で直接ニキビを治すことはできませんが、保湿したり肌の環境を整えたりすることで、
症状の改善や予防には役立ちます。

ビタミンC誘導体などの皮脂を抑える成分や、グリチルリン酸などの炎症を抑える成分が
含まれる化粧水が良いです。

ただし、油分、アルコール、殺菌成分、硫黄などが含まれていない化粧水を使ってください。
ノンコメドジェニック製品と書かれている化粧水は、上記の成分が入っていないのでおすすめです。

ニキビ 跡

ニキビの跡が残るのは、炎症によるダメージの赤み、色素沈着、へこみ(クレーター)、しこりなどがあります。

皮膚の赤みや色素沈着の場合は、皮膚を正常化して組織のターンオーバーで、通常は徐々にきれいに
治っていきます。

問題はへこみやしこりになった場合です。そうなる前に治療を受けるべきですが、
なってしまった場合も皮膚科の治療を受けるべきです。へこみやしこりまで行ってしまうと、
皮膚のターンオーバーで自然に治るということは少ないのです。効果的な治療が必要です。

池袋サンシャイン美容外科

ニキビ トップへ戻る