肩こり

肩こり

肩こりの原因、ストレッチ、解消法などを調べました。

肩こり 原因

辛い肩こりの原因は、姿勢の悪さ、筋肉の疲れや硬直、血行不良、内臓の病気、目の疲れ、
精神的なストレス、首のケガの後遺症などいろいろあります。枕や布団、服やかばんなど
かもしれません。

また、これらが関連しあっている場合もよくあります。姿勢が悪いと、筋肉や筋膜の疲れとなり、
筋肉や筋膜が固くなり、血行も悪くなるといったことも起こります。

医師の診察を受けてもケガの影響などでなければ、なかなか原因を突き止めることは難しいです。
ただ、医師は患者の体が今どういう状態であるかを、客観的に他人の目で見てくれます。
自分では気付いていない、姿勢のクセや、どこの筋肉が固くなっているかや、血行不良、
内臓の病気などがあれば教えてくれるでしょう。そこから自分でも考えて、その要因を取り除くか、
軽減する方法を探りましょう。

肩こり ストレッチ

こりの緩和にはストレッチが有効です。
ストレッチは筋肉と関節の可動範囲を広げ、
血行を改善してくれます。

何より、ストレッチを行うということは、
それまでしていた仕事を一旦止めて、
それまで続けていた姿勢も変えることになります。
これだけでも血行がリフレッシュされて、
短時間でもこりが軽減することがあります。

また、ストレッチをすることで、自分の固くなっている筋肉に気付くこともあります。
その筋肉を固くした作業や姿勢がこりを発生させているのかもしれません。
ストレッチを行う時は、このように自分の姿勢や筋肉について意識を向けながら行うことが大切です。

肩こり 解消

肩こりを解消し、完治させることは症状と原因によって、簡単だったり難しかったりします。
簡単なのは、理由がはっきりとわかる場合です。こりは体が発している危険信号です。
例えば、狭心症が原因でこりが出ていたとしたら、放っておくと命に関わります。
しかし、原因が狭心症とわかたっのなら適切な治療を受けることで、こりも解消するはずです。

慢性疾患だからと放っておくのではなく、原因を探すことに努力すれば、辛い症状を解消することは
十分可能です。対症療法で一時的に楽になるだけを繰り返さずに、原因を突き止めましょう。



超薄型♪超軽量♪いつでもどこでもマッサージ

肩こり トップへ戻る